ビーグレンは顔以外にも、首ニキビや背中、デコルテのニキビだって治してくれます。実際に口コミでもいろんな部分のニキビを治ったという評価がたくさん見つかります。

 

早ければ1ヶ月くらいでニキビが目立たなくなっている人もいるんですが、ビーグレンで首ニキビが早く治る理由について検証しました。

 

 

 

■首ニキビの原因

 

まず首ニキビができやすかったり、悪化して腫れることが多い原因について押さえておきましょう。一言で言えば汚れです。首が汚れやすくなっているんです。


特に冬場の場合には、マフラーを巻いたりタートルネックのシャツを着る機会が増えますが、布は様々な汚れがたまりやすい場所です。

 

さらに汚れを媒介にして雑菌もたまりやすいため、洗わないで何度も繰り返し使っていたら、布中で酸化した汚れや繁殖した雑菌を首に着けることになります。

 

 

また、首ニキビを改善しようとして、首を念入りに洗うのは良いことなんですが、洗った後にしっかりすすがないと洗い残しが出ます。


洗顔フォームの洗い残しも肌に負担をかける汚れになるし雑菌を増やすことになるので、洗った後は今までの2倍以上の時間をかけてしっかり洗うようにしましょう。

 

 

 

■ニキビケアのポイント

 

ニキビを治すには、新陳代謝を機能させることが絶対条件です。私たちの肌が生まれ変わるサイクルを活性化させることで、古くなった皮膚ともどもニキビを肌から追い出すんです。


新陳代謝が通常、1ヶ月周期になっているものの、ニキビができやすい場合、新陳代謝のスピードは落ちているし、ニキビによって新陳代謝がそもそも遮られています。

 

 

ニキビを肌から追い出すには、ニキビができている深さよりもさらに奥にある皮膚にはたらきかけて、新陳代謝を促す必要があります。


そのためには浸透力が欠かせません。どれだけ有効な美容成分が含まれている美容液を使っていても、肌表面の浅い部分に一時的にとどまるだけでは意味がないんです。

 

 

 

■ビーグレンの浸透力

 

ビーグレンでは、肌の新陳代謝を促すためにビタミンCが使われていますが、独自技術によって浸透力が強化されているため、ニキビの裏側までしっかり染み込んでいきます。


ちなみにビタミンCは本来であれば、浸透力がメチャクチャ弱くて、さらに構造も壊れやすいので、そのまま肌につけてもほとんど意味がないんです。

 

 

ビーグレンの場合、qusome技術を使うことでビタミンCを浸透力の強いカプセルに閉じ込めているため、肌の奥へビタミンCを送り届けることができるんです。

 

ビタミンCには抗炎症作用があり、ニキビ跡の赤みや赤ニキビの炎症も鎮めてくれるんですが、ビーグレンの口コミを見ていくと、1週間で効果を実感している人が意外とたくさんいます。

 


赤みを小さくしつつ、最終的にはニキビそのものを肌から追い出してくれるので、ニキビがあったなんて思えないような肌にしてくれますよ。

 

新陳代謝が正常に機能しているうちは、ニキビが出来そうになっても悪化する心配がほとんどありません。小さいうちに自然と治ってくれますよ。


ニキビをなくしてニキビができにくくしてくれるビーグレンの効果をトライアルセットで確かめてみるにはこちら

↓↓↓