Windows8のスタートメニュー(スタート画面)の便利なカスタマイズ方法、活用方法をご紹介します。


カスタマイズ


アイコン(タイル)はドラッグ&ドロップで好きな位置に並び替えられます。
また、アイコンのまとまりから少し離れたところに右や左に移動すると新しいまとまり(グループ)ができます。
ドラッグして白い縦棒が出たところでドロップすれば新しいグループを作れます。
グループ間は余白が空きます。
 新しいグループの作成
そしてグループには任意の名前を付ける事ができます。
Ctrlを押しながらマウスホイールを手前に回す、
またはCtrlを押しながら‘-’(マイナス)を押す、
または画面下のスクロールバーの右端、[-]マークをクリックします。
するとスタート画面が縮小表示(セマンティックズーム)になります。

ポイント

  • この縮小表示のときに、グループを右クリックすると「グループ名を付ける」というアイコンが左下に出てきます。 
グループ名を付けられる

アプリの検索


スタートメニューが表示されているときに、検索したいキーワードをキーボードから入力しましょう。
 スタートメニュースタートメニューが表示されている時に、例えば wind と入力すると.....
 スタートメニュー、検索結果 検索画面に切り替わり、windを含むアプリ、例えばWindows Media Playerなどがリストアップされてきます。
検索は1文字目を入力した時からすぐに始まります。
文字を多く打ち込めばそれだけ対象が絞り込まれてきて探しやすくなります。
検索ボックスの下にある「設定」や「ファイル」をクリックするとそれぞれの検索結果に切り替わります。

このノートのライターが設定した関連知恵ノート

  • Windows8のスタートメニュー
  • Windows8 スタートボタン表示方法