忘れたい事、忘れてはいけない事、
忘れたくても忘れられない事・・・
そういう物が絡み合った鎖のように、
体を締め上げていた。


昼時は過ぎていたが、
自転車を走らせ、
空腹のまま、さすらう事に、


初夏の日差しが眩しい時に、
ハルピン・・・
何だか店名がよく解らない看板が出ているお店が、
中華料理屋さんのようだ。


まあ、いいかと、
古めかしい喫茶店のような扉に手を、
中もやはり、
喫茶店をそのまま、
いや、強引に中華料理屋さんにしたようだ。
しかし、だからと言ってあなどれない、


メニューを見ると、
値段が少し高い、が、その方が期待が膨らむ、
しかも、店員さんも店主も中国人のようだ。
もしやこれは、では「酢豚」を、
若い時、数年間色んな店を回り、
「酢豚」を食べ続けた事がある。


中華料理もBARと同じく、
店によって味が違う、
その中でも、中華料理に関しては、
私は「酢豚」と「餃子」
この2品で判断している。


料理やカクテル等も、
美味い、不味いでは無く、
自分との相性だと思う、


等と考えていると、
「酢豚」が来た。
色合い、赤みの少ない、
美しい黄金色、
一目見て解る優しさを醸し出している。


しかも玉ねぎ、ピーマンの角が立っている。
手際の速さが滲み出ている。
私の考える「酢豚」の美味さは、
脂身の美味さ、ここも美味しく食べれたら、
と、一口、
う、美味い・・・


思った通り、優しく味が薄く、
見事な繊細さ、これなら夏でも食べれるだろう、
最近はどこも、ビールを飲まそうとしているのか、
繊細な味が解る人が減ったのか、
味が濃く、妙に喉が渇く、
しかしこの味には押し売りが無い、


思わずビールを、
それを一口、体に流し込む、
何とも言えないハーモニーを奏で出した。
それに聞き入っていると、
「餃子」が、
これも、一目見て解る。


色、艶共に日本食のような繊細さを放っている。
箸で掴むと、とろけるような柔らかさ、
やじろべえのように、両端が下がる。
水分が多い、それを落とさないように口に、


思わず声が出た。

「昭和や・・・」
懐かしい昭和の味が口の中に広がった。
いや、食感と言った方が正確だろう、
長屋の小さな一室、
見よう見真似で、貧しい家族が熱い視線を、


フライパンに注ぎ、
餃子のような物を焼く、
水を入れ、蒸気が立ち上る、
それが嬉しいのか、
水を入れ過ぎ、


水っぽくなった餃子のような物、
しかし、それはそれで、妙に美味しかった。
そんな餃子に、数十年振りに出会った。
君はここに居たのか、こんなに近くに、


しかし、この餃子の水加減は絶妙、
しかも、これは肉汁、
神業に近い、これをベチョベチョの餃子だと言う人とは、
多分、仲良くなれないだろう・・・
何気ない、この何気なさが奥が深い、
次々とその昭和の味をほおばり、
何もかもを忘れ去った一時だった。


美味しい食べ物が持つ、
不思議な力に頭が下がった。
初夏の昼下がりのひとコマだった・・・・




↓お手数でなければ押して下さいね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村