昨日の続きだが、
女性週刊誌から取材の依頼があった。
娘が質問されている。
お父さんの凄いところはどこですか?と・・・


こんな特殊なケース、取材と言う形がなければ、
そんな事を聞く事は無い、


冷や汗のような物が出た。
娘が言った。


サーフィンが出来て、ギターが弾けて、
おいおい、それはただの私の趣味だ。


そして、店にあるお酒を全て、瞬時に解説すると、
それが一番凄いと、

「・・・・」


それが私の仕事だ・・・


この前、娘が手伝いに来た時、
暇だったので、どれでも良いから、
お酒を一本、指差してみろ、
と、言った。


娘が次々と指差すが、
次々と簡単に解説してやった。
かなり驚いていた。
そして、このお店のお酒を私が雑然と置いていると、
思ってたようで、これは全て整理して置かれている事も、
初めて知ったようだ。


おいおい、君がまだ若いから、
少ししか解説しなかったが、
お父さんは、そのウイスキーがどんな樽に入れられていたか、
そして、樽の内側をどれだけ焦がしているか、
そのモルトに使われている麦がどんな品種か、


蒸留所がどんな場所にあるか、
樽の木材オークの種類、
樽の作り方、お酒の作り方、
まだまだ知っている。
そんな程度で、凄いと言われても・・・


が、娘よ、決して間違えてはいけない、
世の中は広い、シングルモルトだけでも、
数千種程あるお店は、幾らでもある。
中には、お店の倉庫に7万本程、
お持ちのマスターも居られる。
私の店は全てのお酒を合わせても、
たかが、300種程度、それぐらい覚えて当然、
決して井の中の蛙にならないように、
これが、一番大事な事だ。
世の中とは、この下町の一角では無い、


まあ、娘達からしたら、私は煩わしく無いのだろう、
娘達がある年齢に達したら、子供では無く、
個人として、女性として、接するようにした。
それは、私の職業にもある。
どんなに若くても、お客さんと言う事だ。


ただ、私が怒るのは、挨拶をしない、「こんにちは」と、
感謝をしない「ご馳走様」と、「ありがとう」
非を認める「ごめんなさい」と、
非を認められないのは、自分が弱いからだと、
そして、どんな物を口にしても、
決して「不味い」と言わない、
作った方に失礼で、また他の方は美味しいと思うかも知れないと、


だから「口に合わない」と言いなさいと、
それ以外は別にいい、
サーフィンも、ルールとナマーしか教えて無い、
やっていれば、個人差はあるが、出来るようになる。


ただ、サーファーだと言うなら、
ゴミを出すな、必ず持って帰れ、
海は、人の家と同じだ。


いや柔道場、剣道場よりも、
ある意味神聖な場所なのだ。
毎日、波は表情は変え、
一度として、全く同じ波は来ない、
そしてどんなに小さな波でも、
気の緩みで死ぬ事がある。
そして、何より海は恵みを与えてくれる。
サァーフィンをするだけの場所では無い、


それだけを伝え、
後は、放置・・・


そんな男でも、
父親なんだと、今回の取材で、
改めて思った。
そして、何より思った事が、
まだまだ子育ては終わっていないと言う事、
娘達は、まだ私を必要としているようだ。


いい機会だった。
ありがとう「ドカベン君」
そして、最後の質問が、
では、あなたの理想のお父さんは?
と、聞かれた娘が




「福山雅治」と言った・・・




「・・・・・・」





↓お手数でなければ押して下さいね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村